【二ツ星の料理人 を観たよ 】 〈映画〉


f:id:taebo0721:20170524133738j:image

画像引用・ http://eiga.com/movie/83431/

 

 今年の映画鑑賞、

5作品目 。(WOWOWで鑑賞した)

 

「二ツ星の料理人」を観た。

 

ミシュラン 二ツ星のレストランのシェフになるも、

ちょんこずいて?(笑)、

レストランをやめ、

ドラッグに溺れた主人公が、

 

己の再起をかけ、

ミシュラン 三ツ星 を

獲得しようと

奮闘するお話。

 

[http://]

 

 

主人公は、

自分の舌を信じ、

新旧のスタッフを集める。

 

しかし、

仲間 として、スタッフをみることができない。

 

自分の舌 だけ を信じるがゆえに、

 

ミシュラン調査員(じゃなかったのだが、、、)が来たとき、

自分にこだわりすぎ、

仲間に ある料理のソースに大量の唐辛子をいれられ、

客から料理を突き返された。

 

自暴自棄になる。

 

そこから、

キッチンに立つことができなくなり、、

 

しかし、

仲間の「自分の舌だけ信じるのではなく、仲間も信じて」の言葉に、

励まされ、

再びキッチンに立つことに。

 

そして、

本当にミシュラン調査員が来たとき、

「いつも通りさ」といいながら、

仲間と協力して、

料理を仕上げていく。。

 

 

そんな映画だった。

_____________________

 

そのレストランが、

三ツ星を獲得したのか??そこらへんの疑問は残る。。。

そして、

主人公の人生の変化のみを描く感じで、

なんだか寂しい映画かなー

というのが率直な感想だ。。

 

 

 

 

 以上、映画「二ツ星の料理人」の感想でした。