読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【一日の終わりに地味だけど「ほっとする食べ方」】 By圓尾和紀  〈ブックログ17〉


f:id:taebo0721:20170512095656j:image
 

 

現代の飽食文化への危機感、

素朴ながらもおいしい食文化を提案をする

素敵な本。

 

 大変におすすめです、よかったらどうぞ↓

一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方

一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方

 

 

それでは、taekoy的ポイントをつらつら書かせてもらおう。

 

第一章 どうして家庭でほっとできなくなったのか?

 

●「主食にパン」が太るわけ

 

ごはんとパンの大きな違いは、ごはんは無添加であること。

 ごはんは脂質が約0.5グラム、パンは2~4グラム。ご飯の何倍も脂質が含まれている。

 また、ごはんなら、低カロリーな食品を美味しく食べられる。

 腹持ちの良さについてもごはんの方が上。

 もちろん、パンもパスタもラーメンもおいしいので、全く食べるな、というわけではありません。ご飯とそれ以外の主食の比率が9対1くらいが理想。

 主食はご飯を中心に。パンや麺類は三日に一度ぐらいが理想。

 

 

●お米は低脂質・無添加のヘルシーフード

 

真のお米好きでこだわりを持つ人たちは、品種改良をほどこした甘くてモチモチしたお米ではなく、飽きがこなくておかずに合う、昔ながらのあっさりしたお米を選ぶことが多いそう。 私のおすすめは、コシヒカリと並ぶ二大横綱と言われたササニシキや朝日という古代品種のコメです。

 昔は一日に一回しかごはんを炊かなかったので、必然的に残りの食事は冷やごはんになります。昔の日本人に肥満の人が少なかったのはこういったことが関係しているのかもしれません。

 ご飯は冷えることで、でんぷんの一部がレジスタントスターチに変わりますが、冷蔵庫で冷やさなくても、常温で置いておくだけでもOKです。

 あっさりした品種の玄米や分づき米は、最強のヘルシー和フード。

 

 

●三食きっちり食べなくても身体は大丈夫

 

あなたは朝ごはんを食べていますか?朝ごはんを食べた方がよいかどうかはこれまでなんども論争になっています。

 最近朝起きた直後は、コップ一杯の常温の水と、控訴ドリンク化豆乳ヨーグルトを口にして、あとは体が欲するときだけ果物と少し食べることにしています。なぜかといえば、そのほうが体調がよく、その日一日を快適に過ごせると気づいたからです。

 朝ごはんをとらないことに慣れると、朝ごはんを取らなくてもしっかりとエネルギーをつくるように体が変化します。

 

 

⇒年が明けてから、朝ごはんは抜くようにしていたのだけれど、実家に帰ってきたいま、実践できていない。。朝ごはん抜くという定義が親の世代だとないよね・・・。説得のためにこの本をすすめたいな。

 

第二章 台所から見直そう

 

●調味料を見直す順番は「そせしすさ」

 

台所を見直して、まず変えるなら調味料が一番。手っ取り早く実行できるうえ、「こんなに味が違うんだ」と感動することでしょう。

 さしすせそ といえば、調味料を料理に入れる順番ですね。私が提案する「そせしすさ」とは、調味料を見直してほしい順番です。

 「そ」とは、味噌。健康効果が高いのは、しっかり熟成されたものです。おすすめは「やさか味噌」です。

 「せ」はしょう油。手に入りやすいところでおすすめの商品は「三ツ星醤油」です。

 「し」は塩。日本の伝統海塩「海の精」は手に入りやすいですよ。

 「す」は酢。醸造酢が良い。あたまに「純」がついているのが特徴です。私は。村山造酢の「千鳥酢」をいつも使っています。

 「さ」刃さとう。精製された白砂糖より、未精製でミネラル成分豊富なきび砂糖、黒砂糖が良いでしょう。個人的には、鴻商店の「生砂糖」が気に入っています。

 本物の調味料を活用すれば、いつもの料理が本格的な味わいに。

 

 

⇒一人暮らしを田舎で2年もしたというのに、調味料にこだわりをもたなかったなぁ。みりんなんて、みりんもどきのものだったし、砂糖は白だったし。次新たな暮らしをするときは、圓尾さんのおすすめしている調味料揃えよう。

 

●漬物=発酵ではない!? お店の発酵食品モドキを見抜く方法

 

本物の漬物は、残念ながらスーパーマーケットにはあまり置かれていないのですが、自然食品の店や通販、ファーマーズマーケットなどで購入できます。ぬか漬けなら自宅で簡単に作ることができる。

 本物の漬物を口にすると、独特の酸味が感じられます。

 

 

⇒田舎で、いつも漬物を口にしていたけれど、たしかに自然の漬物は酸味があった。それに最初抵抗もあったけど、それが本来の味だったということ。 砂糖多めで漬けた漬物(自然だけど)は本当に甘すぎたから、自然と言っても身体に悪そうだったな・・・。

 

●和ごはんの材料、どこで買ったらいい?

 

自分が食べるものに対して、「どこでどのようにつくられたものか」という意識を持つことです。

 お米を買うなら、地元にあるお米屋さんに行きましょう。

 天然だしのススメ 中央区晴海にある鰹節問屋「タイコウ」さん。鰹節の表と裏をよく見て、どんな風味のだしが引けるのか、それぐらいの期間日持ちするのかなどを見極める術を持っています。

 

 

●とるべき油、とらないほうがいい油とは? 

 

総合的に考えて、わたしがもっともおすすめしたい油が「米油」です。米油は米のぬかを原料にしてつくられる油で、オリーブ油と同じオメガ9系に属す。

 また、素材の味も引き立たせてくれて、食器を洗うときもサッと油よごれが落ちる。

 

 

●日本の代表的な7種の薬味をフル活用する

 

 

薬味は日本のハーブともいえる存在。

 紫蘇、ミョウガ、わさび、大根おろし、ねぎ、山椒、ショウガ

 

 ⇒どれも大好きだなぁ!

 

●「食のヒットポイント」をざっくり考える

 

ロールプレイングゲームをした人がある人にはお馴染み。

 自分にとってHPを減らす食事は何か、回復させてプラスになる食事は何かを知っておくと、健康管理の上で大いに役立ちます。

 平日はお付き合いで外食が多かったから週末は栄養たっぷりの自炊にするとか、肉が数日続いたから今晩は魚か大豆をつかった料理にしようとか、一週間単位で振り返るとHPの減少を食い止めやすいでしょう。

 

 

第三章 毎日の生活に取り入れる和ごはん

 

●和ごはんの献立はどうやって考えたらいい?

 

 一汁三菜はごちそうであり、ハレの日の献立。普段の食事は一汁一菜で充分です。具だくさんのお味噌汁にすれば、一汁とお米だけでも構いません。

 

⇒いかに現代の食事が派手かよくわかる。

 

●美味しいだしは簡単にとれる!

 

昆布だし編 ①前日の夜に水1リットルに対して昆布30グラムほど入れて冷蔵庫に入れる ②翌朝には完成

鰹だし編 ①お湯を沸かし、鰹節を一つかみ入れる ②2~3分ほど経ったら菜箸で大きな鰹節だけを取り除いて完成。あとは料理と一緒に食べてしまってOK

昆布&いりこだし編 ①ポットなどに水1リットル、昆布約20グラム、いりこ10尾を入れて冷蔵庫に入れる ②翌朝には出来上がり

 

 

⇒簡単ですねぇ!!

 

第四章 もっとおいしく!ていねいに!

 

●和ごはんに合う、「和」の飲み物は?

 

 

私が注目しているのは、お米から作ったライスミルク(米乳)です。豆乳よりももっと癖の少ない味わいで、さらっとしていて飲みやすいのが特徴。実は欧米を中心に飲まれており、日本には数年前に入ってきました。

私がおすすめするのは、もちろん国産のライスミルクです。

 おすすめのメーカーは、世界中で人気を博している日本酒「獺祭」の蔵元・旭酒造です。

 

 

 

●どうしても甘いものをたべたいときは?

 

 

豆乳ヨーグルト

  材料:玄米大さじ1、豆乳適量

  作り方; ①玄米を3度ほど水洗いし、水を切って容器に入れる。 ②玄米が被るくらいの豆乳を入れて混ぜる。 ③アルミホイルを蓋にしてかぶせ、固まるまで常温で放置する。一日半ほどで固まる。 ④固まったら、器に入っている豆乳と同量の豆乳を継ぎ足してまぜる。 ⑤固まったらさらに4と同量の豆乳を継ぎ足して混ぜ、固まったら完成。  ポイント 残した分は「種」となり、豆乳を継ぎ足すと新たに豆乳ヨーグルトが出来る。常温で放置すると過発行するので、固まったら冷蔵庫に入れる。もしくは冷蔵庫に入れてゆっくり発酵させる。

 

 

 

 

食って生きる基本だから、

日本人に生まれたからこそできる

食生活をしたい、

そう心から思える本。

 

本当におすすめ。