【やさしさに包まれて、今日を抱きしめるんだ】

なんとか荷物の搬出を終えた。
郵便局のひとに『大変ですね、引っ越し~』と言われる。『この荷物で終わりです♪』
転送設定もやってみる。初めてじゃ~!

 



元々家に置いてくださっていたものや,これから要りそうなもの?を分けて,搬出。最後の最後まで芸北の父に甘えさせてもらっている。。感謝しかない。

地区の駐在さんもご異動ということで、通りでお見送りに参加してみる。

 


お花植えのご近所さまたちがお別れランチ会を開いてくださった。花植えで,これが地域活動だ‼となれた(去年度)。ここから始まった,楽しい芸北生活!といっても過言ではない。
やさしいおばさまたち。またさいさい来てね‼と言われる。このひとたちに会うためならば,ぜったいにまた来る‼来させてもらいます。


トーブ壊れてストーブ貸してくださったり、寝袋たいへんだろうから、今夜、うちの布団で寝たら?とか、いっつもお茶させてくださったり、とか、大変にお世話になった優しすぎる気遣い100%の私にとっての最高な芸北のお母さん!&加工品グループの方々から、とのことで、素敵なプレゼントをいただく。家で開いた瞬間、本当に、胸が熱くなった。じわーーーーーっと。これからずっと大切に使いたい。私が芸北に残ったのはこの方の想いに応えたかったから。これからもことあるごとに顔を出したいな、と思う。


この地域でがんばる女性たちをわたしはたくさんみてきた。団結力、おもてなし力、気遣い力、同性として、尊敬している。


男性に支えられてないなんてことは決してないけれど、やはり母たちは偉大だな!!と気づかされたとともに、もっと女性パワーが炸裂してほしい!!とさえ思う、2年間だった。

 

こにいっても、みなさんと過ごした日々を抱き締めて、進んでいきたい、と心から思っている。 

 


ほんまは、、、今になってとても寂しいし、

結局すきだし、

ここ数日ひとまえでは涙しないようにしている。涙をのみこんでいるの。

 

明日はバスタオル抱えてるかも。。


また会える日まで!!

 


胸はってこられるようにする。

 

 


f:id:taebo0721:20170327210110j:image

初めての農山村生活に

芸北を選んだこと、後悔はない。

勉強!勉強!な2年間でした。

 

ありがとうございました!