読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【協力隊をして思ったことを4つあげてみる】 

 

一、はっきり言ってみる

上手を言ってなにになるかな?。自分の意見ははっきり言おう。上手いこというために,協力隊になったわけではない。だれかがここはおかしいのでは?と思ってもムラ社会的に言えない人みてきたので。

 

二、協力隊をどうしていきたいのか

協力隊にお役所仕事をさせるという事例が発生してるらしいけれど、、私はそれに該当なんてしなかったけれど、協力隊をなぜ配置するのかというのを関係課内で考えないかぎり、いいものは生まれないかも。協力隊のやっていることと住民の意向と合ってない!なんて役所のひとが言ってはおしまいな気もする。

 

三、自分次第

自分次第でどうとでもなるのが協力隊。組織じゃないのか組織であるのかの境界線があいまいだから、好きなようにできるとも。 結局自分がどこに向かうか考えてないと時間を無駄にするとおもう。

 

四、みんなのためではなく、ひとりのためにがんばる。

これは、ほんとにわたしを気遣ってくれるすてきなおばちゃんがいたから。隊員一人で地域のみんなのため!なんてがんばれやしない。でも、いつも気にかけてくれて,地域がよくなるようにがんばるひとをひとり応援することなら、できる。

 

 


f:id:taebo0721:20170324121602j:image