【政策研ありがとう!!】


f:id:taebo0721:20170320111616j:image


 

政策研の大納会に参加。(農業開発政策研究室)閉室の会、でもあった。約60年の歴史を閉じることに。

 

 

 

久しぶりに会う先輩,後輩たち。


f:id:taebo0721:20170320111637j:image

 

 

出会い、、、

地域おこし協力隊のサポートデスクをされている&元三次市の協力隊されていた、先輩と出会った。もっとはやく知り合えれば、、、‼という後悔におそわれる。でも次の道を私は開こうとしている。

これでいいのだ と自分に言い聞かせた感じ。

 

 

 

先輩たちの活躍、、、

政策研には、社会、農山村の現場でで活躍されている、先輩方がたくさんいる。東北・中洞牧場の、中洞正さんも,政策研の大先輩。

 

 

 

私は情けない、、、

わたしは、

地域おこし協力隊として、

収穫祭の展示にとりあげてもらったにも

かかわらず、その4ヶ月半後に、

辞めるという決断をしている。。

 

 

情けない!!

と思ってしまった。

 

先生にも,

すみません、、とりあげてもらったのに。、、と言った。  

色々あるわよね、地域の云々、、

の一言…(笑) ゆるいお言葉ですこし助けられた、、。

 

 

 

そして、

 

 

農山村と向き合いつづける人生を

自分なりにゆるく歩めればいいのかな、と。

 

 

 

出会い】と【情けない】のところで、

2回同じようなこと書いているけれど,そういうことだ。自分が納得していればいいのだ、と思う。

 

 

Facebookみて、たーぼーの話聞いてみたいと思ってたよ』と言ってくれる先輩もいた。(意外と、と言ったら失礼だけれど、みなさん見てくださっているんだ!!と驚いた。ありがとうございます‼)

 

 

わたしは、

この研究室で良かった、

と心から思っている。

農山村に向かおうとし始めた、原点。

 

 

 

研究室の先輩であり、人生の先輩たちに

頼りたいときには頼らせてもらいたい。

すばらしい先輩たちがいるということは、

それだけ人生に困ったときに学ばせてもらえるということ。

 

 

、、、

 

政策研という名前がなくなることはかなしいけれど、これからもずっと先輩後輩の関係を大切にしたい、と思った。

 

 

政策研に入ったこと、わたしの人生の宝もの。