【小さくて強い農業をつくる by久松達央さん】 <ブックログ12>

 

農業界では、有名な?!久松さんの著書。

 

これから農業界に飛び込みたい若者にも

会社やめて農業始めたい人にも

読むことお勧めしたい本。

 

久松さん自身が企業の勤めを途中でやめて、

「農業」を目指すきっかけや、

目指し始めてから今日までの記録、細かく書かれている。

 

思い返せば大学進学でも、思ってもみなかった学部に進みました。会社に入った時にも行きたかった部署に行けず、しかも勤務地は全く想定していない場所でした。最初はショックですが、いざそれを受け入れると、閉じていた心の扉が開き、新しい道が見えてきます。しばらく経って振り返ると、実は初めから道は真っ直ぐにそこに向かっていたのではないかとすら思います。勇気をもってなにかを選択し、想定を裏切られる。そこで初めて気付かなかった方向に道があることに気付く。それを繰り返すことで、人は成長していくのではないかと思います。 

 

 

巻末にオススメの本も紹介されているので、

本に本を紹介されて、次にすすめるなぁと思う。

これからの私のバイブルになる!

 

 

 よかったら↓

小さくて強い農業をつくる (就職しないで生きるには21)

小さくて強い農業をつくる (就職しないで生きるには21)