ストレングスファインダー③

ストレングスファインダー

私の3つ目の資質とは・・・

 

「親密性」

 

親密性という資質は、人間関係に対する姿勢を説明している。

簡単に言うと、親密性という資質によって、既に知っている人々とより深い関係を結ぶ方向に引き寄せられる

必ずしも未知の人たちと出会うことを避けているわけではない。

事実、知らない人と友人になるスリルを愉しむような他の資質を持っているかもしれないが、親しい友人のそばにいてこそ大きな喜びと力を得る

親密であることに心地よさを感じる。

一旦最初の関係が出来上がると、積極的にその関係をさらに深めようとする。

彼らの感情、目標、不安、夢を深く理解したいと思っている、

彼らにも自分を深く理解してもらいたいと願っている。

このような親密さがある程度の危険性を含んでいることを知っている。⇒自分を利用されるかもしれない⇒その危険性を分かったうえで受け入れる。

私にとっての人間関係は、それが本物である時のみ価値を持つ。

それが本物であるかどうかを知る唯一の方法は、相手に身をゆだねること。互いの気持ちの共有をすればするほど、お互いの危険性も大きくなり、自分たちの意志が本物であることを、よりはっきりと証明できる。これが真の友情を築き上げるための一つのステップであり、そのステップを喜んで進んでいく。

 

~~~~

 

わりと昔からそうだよなぁ、と思った。

いまある人間関係を大切にしたいとおもう。

わたしが親しいと思っている(勝手かもしれないけれど)方々、

これからもどうかおねがいします・・・。