読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ2017

やっと、2017年のブログとなった。

2017年になり、
異様にがんばれない。

なぜだろう!

結局お休みと言っても移動ばかりで終わるからだな~。
みんなに会える以外、
疲れを取るには足らない忙しない時間を過ごしてしまう。
帰る場所が遠いと大変なのだなぁ~。

1/1のこと。


6時出発を完了。
父と約束していた、
立石公園(諏訪湖を一望できる)までウォーキングというなの坂道登り。
歩きすぎて喉が乾く。頂上には自販機があるが、もう温かい飲み物はすべて売り切れ。
というか、朝日をみに、たくさんの若い人たちでにぎわっている!
ニューイヤーオールナイトでもしたであろう若者が展望台から歌いまくっていて、とてもウルサイ…。

山裾?が霞がかっていて、いい感じの2017年はじめの朝だなぁ。

が、しかし、
朝日が山々に隠れて見えないことが判明してくる。
湖面がピンク色に少し映るのを撮るのに集中する。
隣にいる父の眉毛が凍ってきてて、おどろく。。。

結局朝日は拝めぬまま辺りが明るくなり、ふつうの朝となる。

家へ帰る道々、[長野の田舎に住んでもいいかなと思っている]と話す。
[それなら色々援助したい]と言われる。横浜の家、諏訪の家にいつでも帰られる距離、大事かもなぁ。

近所の神社でお参りをする。

急階段のところで[ここで雪が降るとよくソリしてあそんでた]とか父が言う。なかなかこわいあそびをしていたんだなぁとおもう。

家で、
年始の挨拶と共におせち料理をたべる。母特製お雑煮。
食べ過ぎたのと、夜中まで起きていたのに朝ウォーキング出掛けたので、しんどくなり、寝る。寝正月とはこのことか。

なんだか平和な年始を迎えたように思った矢先、

眼鏡を踏みつぶしてしまう…。
だからいつも掛けていないとな…と思うが時すでに遅し。
年始からやってしまった…。

松本まで出たら、いつも地元で買う眼鏡やさんもあるみたいなので、2日に出かけることを決める。
[せっかく帰省してるのにひとりで出掛けんさんな]と親に言われ、一緒にいくことになった。

束の間の帰省の日々はつづく。