読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ANTICO CAFFE AL AVIS】 〈グルメ〉

 

 

ANTICO CAFFE AL AVIS 六本木ヒルズ

 

全国14店舗あるみたいだけれど、

 

初めて入った!(友人とたまたま入ってみた)

 

六本木ヒルズということもあり、

 

なんだか私には場違い感すごかったけど(笑)、

 


f:id:taebo0721:20170425231627j:image

↑ホットチョコラータは

とてもおいしかった‼

 

スイーツもあり、そそられたけど、

 

次の機会にとっておこう。

 

 

今度は横浜の店舗にいってみよう~。

 

【脱東京 あたらしい移住】 〈ブックログ15〉

 

ハワイ・東京を中心とした、デュアルライフの先駆者、本田直之さんの著書。

 


f:id:taebo0721:20170424145039j:image

 

東京を離れる、
東京と地方を行き来するデュアルライフを送る
その良さを教えてくれる本。

 

 

■本に本を紹介される(私個人的に)
〈すでに移住を始めたクリエイターたち〉の段落にて・・
『年収は「住むところ」で決まる』
(カルフォルニア大学バークレー校教授・経済学者 エリンコモレッティ)、
ぜひ読んでみたいと思う。

 

■参考になるところを抜粋

 

[給料がアップすることが幸せがアップすることではない]の段にて・・・

町がコンパクトで、コミュニティが狭いのも地域の特徴です。何か変なことをしたら、すぐに知れ渡ってしまいます。
やはり、ナイスな人(人間性がよく、他者に貢献する精神を持ち、提供できる価値をもった人)でなければ生き残れない――です。~~そういう正しい行き方は、東京にいるより、地域のほうがより実現可能なのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

→ナイスな人、なかなかむずかしいことだけど、次の移住では「提供できる価値」をもてるよう、精進したい。

 

 

[良い場所にいい人がいて、町が魅力的になる]の段・・・

外から来たほうが、その地域の魅力がわかります。どんなに恵まれた環境であっても、生まれたときからそこに住んでいると、それが日常になってしまうのでしょう。だからこそ、その地域をアピールするためには、そとから入ってきた人の翻訳力が必要になってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

→翻訳力・・頷ける。外から目線・・よく地域では求められることだけど、翻訳したものをうまく活用してもらいたい。

 

 

[東京で10年もまれた経験が、その後の人生を自由にする]の段・・・

東京で10年もまれた経験というのは、やっぱり大きかったと思います。東京でうつ病になるくらい厳しい仕事をすることで、自分の限界を知り、自分の得意なことに気付けたと思います。自分の経験では、もまれて良かったとしか言いようがありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

→ うつになるまで、がんばりたくはない(消極的人間?)だけど、自分の得意なことに気付いて、お金を払ってまでしたい仕事をみつけるのはいいことかもしれない?

 

 

この本には移住の良き例、県としてのブランド化の成功例なども載っていて、また参考に読む直すことのできる本だなと思った。

 

 

【トルストイ民話集 人はなんで生きるか 他四篇】〈ブックログ14〉


f:id:taebo0721:20170423235029j:image
 

尊敬する坂爪圭吾さんがわたり文庫という無料郵送の本として紹介されていた本。

早速買って読んでみた。

タイトルからしてすごい。

 

「人はなんで生きるか」・・。

宗教的精神(キリスト)な話となっている。

でもその中でも生きる理由に対する学びがある、良書。

 


「人はなんで生きるか」のほかにも

「火を粗末にするとー消せなくなる」

「愛のあるところに神あり」

「二老人」

という3つのお話が入っている。


「人はなんで生きるのか」のなかから

抜粋しよう。

 

大切な言葉をもらった気がする。

 

「今こそ私は、ひとが自分で自分のことを考える心遣いによって生きているように思うのは、それはただ人間がそう思うだけにすぎなくて、じっさいはただ、愛の力だけによって生きているのだということが、分かりました。愛によって生きているものは、神さまの中に生きているもので、つまり神さまは、そのひとのなかにいらっしゃるのです。なぜなら、神さまは愛なのですから」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わたしは無宗教。
でも、この言葉は信じていいなと思った。


物語と精神的な部分が混在し、
この本を理解するのに
じぶんで咀嚼することを楽しめる本。

 

 

 

【武蔵小杉の中華料理屋オススメ】 〈グルメ〉

 

武蔵小杉にある、

かどや という中華料理屋さん。

 

中華だけど、

 

まずは唐揚げを食べた。笑
f:id:taebo0721:20170419141547j:image

 

そして、餃子。

皮がモチモチでおいしい♪

f:id:taebo0721:20170420102358j:image

 

で、、

このお店のおすすめは

 

トルコライスにもかかわらず、、、、

 

トルコライスを撮り忘れた、、、!!

 

唐揚げのあとのトルコライス

少しキツかったかな。。。

でもとっても美味しかった!

 

オススメ。

 

そしてどれもお安いのだ。

 

ごちそうさまでした!

 

 

余談:

 

武蔵小杉って、

グランツリーに足が向くけど、

逆の旧武蔵小杉的なところも

開拓おもしろいなーと思った!

 

 

 

【ハマっこなら押さえておきたい,スイーツ:ボストンクリームパイ】 〈グルメ〉

イセザキモールにある

浜志”まん】(はまじまん)という

ケーキやさん。

 

元々は和菓子屋スタートだそうですが、

 

横浜という土地柄、洋菓子に転換していったお店らしい。

 

このお店で有名なのが、

 

ボストンクリームパイ。

 

パイなのか!?!

という疑問を持ちつつ

食べたけど、

 

美味しかった(^q^)!!!!

 

クリームがなんとも!!!!

美味しい。( ;∀;)

 

上に乗っているのは、マカダミアナッツみたいな感じ。


f:id:taebo0721:20170420001155j:image

 


f:id:taebo0721:20170420001219j:image

 


f:id:taebo0721:20170420001252j:image

 

今度はレモンパイのほうも食べてみたいのと、

 

お店でお茶しながら食べたいな~!

 

今回はお持ち帰りにしましたー。

【明朝のルート考えておいてと言われていたのに忘れちゃってた】 〈ウォーキング6日目〉

 


f:id:taebo0721:20170418093650j:image

20分くらいだしちょうどいいかな、 

と適当に神社を決めてはいたのだけど、

平坦すぎた。もっとルート考えよう、

次は・・・。

(前回、ルート考えるの楽しいとかいったのに)

 

5:30ウォーキング開始にした。



f:id:taebo0721:20170418093800j:image

 

今回は高校生の時、

埋め立て地帯のことを調べていたときに

でてきた水の神様の神社にしてみた。

 

まずは川沿いを歩き、

大きな国道に差し掛かって、すぐ神社

 

平坦だから歩いた気がしなかったのだけれど、

それなりだったかな。

 

次回はどこを探検しよう。

 

(ウォーキングではあるのだけど、神社とか行くと一旦停止状態になるので、ウォーキングとして正しいのだろうか?ということを思っている)

 

 

今回はこんな感じだった。

 
f:id:taebo0721:20170418093605j:image

 3.79㎞ + 1.49㎞ = 5.28㎞。

【どこを歩こうかと考えるのが楽しくなったきた】 〈ウォーキング5日目〉

 

6時から歩いてみることに。

 

もう最近は歩きはじめると暑くなってくる。

 

暑いし、

この時間帯では、歩く人が多いのだなぁと思い、

もう少し早めよう!と思った。

 

高校生の時、地元の川のことをレポートする課題があり、

なんども通ったせせらぎ緑道を通る。


f:id:taebo0721:20170418085816j:image

都会的な川だな、でもきらいじゃない。

在るだけいいとおもう。

 

 

すれ違う人の挨拶する感じもいい。

 

途中、公園内に農園があるところに

たどり着いた。


f:id:taebo0721:20170418085912j:image

なんかホッとした。

いい風景だと思った。

 

で、少し林に入ってみた。

竹が綺麗だった。

そして、お寺に行ってみた。

 

改修途中で本殿を見れなかった。

また出来上がったら、来たいなぁ。

 

 

 

今回はこのくらいだった。

f:id:taebo0721:20170418090644j:image

 4.19㎞。